mille-feuilleAutomatic Schematic Creation Tool

* Distance sensor *

step

Features

step

3.3V電源で超音波で距離を測ることができます。このデバイスを使う場合、少し注意が必要です。
一般的に売られている超音波センサーと違い、デバイスにマイコンなどは搭載せずに自分でタイマーを設定したり、 アナログ計測部分を調整できるようにトリマが取り付けてあります。
少し調整が必要な回路になります。調整により最大距離や精度が変わります。(専用マイコン搭載タイプはしばらくお待ちください。)

例)タイマーからの出力を40KHzに合わせて(超音波出力端子を見ながらR14の半固定抵抗を精密ドライバーで調整します。 R12の10倍になるように調整してください。図では14.66KΩに設定されています。)、 計測部分の閾値を1.2Vに設定(TP1端子を見ながらR13の半固定抵抗を精密ドライバーで調整)すると 約3m程度測れますが、閾値を下げると感度が上がります。
感度が高い場合は反射する前の波形を拾ってしまうので、二回目の反射波形も計測するライブラリとなっています。お好みの設定を探してみてください。計測した値を10回程度平均して使います。

その他の参考:音速はおよそ1秒で340.29m進みます。超音波を出力して反射して返ってくるまでの時間を計算すれば距離が把握できます。

Download UT1612MPR datasheet
Download UR1612MPR datasheet
Download TLC555CDR datasheet
Download ADM3202 datasheet
Main component :
UR1612MPR and UT1612MPR - SPL Honkong LTD. Ultrasonic Sensor
LM324 - Quad-Operational Amplifiers
TLC555 - Generating 40KHz pulse ADM3202 - Line Drivers/Receivers for ultrasonic trannsumitter.

step

Programming

Sample program
DistanceUSonicTest.py


* functions *
import DistanceUSonic

def getInfo(Number) : Getting hardware information of device board
Number : connector number of baseboard

def power(milModClass, OnOff) : Controlling ultrasonic taransmitter.
milModClass : module instance
OnOff : Enable(1) or Disable(0) Transmitter

def read(milModClass) : Reading ultrasonic reciver.
milModClass : module instance

Measuring the time it takes for an echo to return from object
R13 Trimmer can adjust the threshold for reciving data. Please, set 1.2V.
R14 Trimmer can adjust the frequency of transmitter. Please, set 40KHz with digital frequency multimeter.